綺麗になるための方法を調べよう

金の糸を使う

金の糸のアンチエイジング

金の糸のアンチエイジングでは、金の糸を皮下に挿入します。 そうすることによって加齢現象によって損傷した細胞が修復しようと活性化するという画期的な手法です。 通常、加齢にともなって細胞の生まれ変わりというのは徐々に低下してしまう傾向にありますが、そこに金の糸といういわゆる異物を挿入することによってそれが刺激となり、毛細血管の働きが活発化します。血流が良くなることによって細胞の修復が加速することから、加齢によって細胞分裂が衰えていた肌でも修復する力が活性化されてアンチエイジングをすることができるという画期的なメカニズムです。手術によって皮下に金の糸を挿入しますが、時間の経過とともに金の糸は細胞に吸収されます。

金の糸のメカニズム

年齢を重ねるにつれてお肌の細胞というのは再生する力を失っていきます。それにともなって古い角質が蓄積しやすくなったり、皮膚の深層部にあったしみが表面化したり、またうるおいやすいぶんが薄いな割れてシワが出来てしまったりするので加齢現象が表面化します。 そこで、金の糸を皮下に挿入することによって細胞を活性化することができます。 金の糸のメカニズムというのは、皮下に金の糸を挿入すると、細胞が異物を捉えて毛細血管の流れが活発化します。これにともなって結構が促進されて低下しつつあったターンオーバーが促進されることになります。金の糸に接触する細胞の部分から新しい細胞を始めコラーゲンやアミノ酸が生成されるようになります。